映画化も決定した『太陽は動かない』シリーズ第三作目です。

吉田修一といえば『悪人』や『怒り』など凄みのあるずっしりした作品が

多いですが、このシリーズはエンターテイメント性を前面に押し出した

スパイアクションものです。

 

はじめて『太陽は動かない』を読んだときには、吉田修一の新しい魅力に大興奮して

読み終わったあともテンション髙く、周囲におすすめしまくった記憶があります。

 

何といっても魅力的なキャラクター!

主人公を始めとして多くの登場人物が「スパイ」なので

謎めいていてちょっとワルくてかっこいいのです!

そして味方が敵になり、敵が味方になる、スリリングな展開。

時に頭脳戦、時にアクションと目まぐるしく進むストーリーは一気読み間違いなし!

 

シリーズ第1作『太陽は動かない』 

主人公の少年時代を描いた第2作『森は知っている』

そしてシリーズ完結編『ウォーターゲーム』

暑い夏にこそ熱い小説を!イチオシのシリーズです。

ウォーターゲーム
吉田修一
幻冬舎
1,728円(税込)円(税込)